Schaffhausen,
2021年
9月
13日
|
17:00
Europe/Amsterdam

IWCシャフハウゼンが 「ブルー・エンジェルス®」の創設75 周年を記念

シャフハウゼン、2021年9月13日 – IWCシャフハウゼンが米国海軍アクロバット飛行隊「ブルー・エンジェルス®」の創設75周年 を祝うことになりました。1946年に創設された「ブルー・エンジェルス®」は、米国海軍および海兵隊のプライドとプロフェッショナ リズムをわかりやすく表現し、アクロバット飛行とコミュニティーへの奉仕を通じて、卓越した文化と国への貢献を促進してきまし た。2019年に公式ライセンスを得て以来、これまでにIWCは2種類の特別限定モデルのパイロット・ウォッチを発表しました。

1946年、米国海軍作戦部長だったチェスター・W・ニミッツ 元帥は、米国海軍のアクロバット飛行隊の創設を構想しまし た。現在、「ブルー・エンジェルス®」という名で広く知られてい る米国海軍アクロバット飛行隊には、海軍と海兵隊の140人 のメンバーがいます。どのメンバーも、海軍や海兵隊での経験 と専門知識を持ち寄り、米国海軍と海兵隊のあらゆる側面で みられるチームワーク、プロフェッショナリズム、精度を、アク ロバット飛行によって体現しようと努力しています。「ブルー・ エンジェルス®」は、毎年約1,100万人の観客を前に、圧倒的 なスキルを披露しています。時代を超えて生き続けてきた「ブ ルー・エンジェルス®」のビジョンは、徹底的にポジティブな態 度、強烈な職業倫理、使命への献身です。

「ブルー・エンジェルス®」のメンバーは、その歴史を通じて、 多種多様な飛行機を操縦してきました。初期の頃は、F6ヘル キャット、F8 ベアキャット、F9パンサーなどの飛行機でした。 1950 年代、6 機で三角形の形になる編隊を初めて採用し、 F9クーガーとF-11タイガーで新しいアクロバットを披露しま した。この壮観な曲芸飛行は現在なお受け継がれています。 1960年代終わり、「ブルー・エンジェルス®」のメンバーはF-4 ファントムを操縦し、ついでA-4スカイホークに替わりました。 40周年を迎えた1986年には、F/A-18ホーネットに替わりま した。2021年、「ブルー・エンジェルス®」はF/A-18スーパー ホーネットを採用し、現在に至っています。どの機体も、米 国海軍の公式カラーであるブルーとゴールドで塗装されてい ます。

グレン・パウエルが 「ブルー・エンジェルス®」に試乗

このアクロバット飛行隊「ブルー・エンジェルス®」にとって特 別な年にあたり、IWCファミリーの新しいメンバーとなったア メリカ人俳優、グレン・パウエルは、フロリダ州ペンサコーラ にある海軍航空基地で1 日を体感するために招待されまし た。グレン・パウエルは、ブルー・エンジェルス#4ジェットの バックシートで飛行するという稀有な機会に恵まれました。試 乗すると、高速での低空飛行やスリリングな曲芸飛行を体験 しました。また、ペンサコーラでは、世界最大級の航空博物 館である国立海軍航空博物館を訪問しました。ここには、旧 ブルー・エンジェルスA-4スカイホークをはじめ、150機以上 の飛行機が展示されています。https://watches.iwc.com/ blue-angels-part1およびhttps://watches.iwc.com/blueangels- part2から動画をご覧いただけます。

1988年にテキサス州オースティンで生まれたグレン・パウエ ルは、生まれたときからずっと、航空機のファンでした。最近、 自家用機パイロット免許を取得しましたが、それ以来、航空へ の認識、つまり飛行機を操縦するために求められる周到なス キルや、究極の精度に対する認識がいっそう深められました。 子供の頃から「ブルー・エンジェルス®」については知っており、 そのメンタリティー、情熱、あくなき完璧さの追求にはつねに 讃嘆の念を抱いてきました。俳優となってからは、新しい役づ くりに没頭するときに、似たような心構えで臨んでいます。た えまない卓越性への努力や、自分の分野で最高の人々の仲間 入りをするという意欲も、IWCシャフハウゼンと共通する価値 観です。

2 種類の特別限定モデルの パイロット・クロノグラフ

2019年、IWCは米国海軍省の公式ライセンスを取得しまし た。それ以来、このスイスの高級時計メーカーは、米国海軍 の協力を得て、2種類の特別限定モデルのクロノグラフをデザ インしてきました。ライセンス契約後最初につくられたのは、 ブラックの酸化ジルコニウム・セラミックのパイロット・ウォッ チ・クロノグラフ「ブルー・エンジェルス®」エディション (Ref. IW389008)でした。「ブルー・エンジェルス®」の創設 75周年を記念し、このたびIWCが発表したのが、圧倒的なブ ルーセラミック製ケースのパイロット・ウォッチ・クロノグラフ 「ブルー・エンジェルス®」エディション(Ref. IW389109)です。 米国国防総省の視覚情報の掲載は、国防総省の承認を意味 もしくは構成するものではありません。

IWC シャフハウゼン

1868年、米国の時計技師であり、起業家でもあったフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズはボストンからスイスへ渡り、シャフハウゼンに「インターナショナル・ウォッチ・カンパニー」を設立しました。彼が描いた夢は、先進的なアメリカの製造方法とスイスの時計技師たちが持つ優れた職人技を組み合わせ、その時代の最高の懐中時計を作ることでした。そして彼はIWCの独創的なエンジニアリング手法の基礎を築き上げ、スイスの地で機械式時計の集中生産を確立しました。

IWCシャフハウゼンは150年にわたる歴史の中で、正確かつ頑丈で、顧客にとって使いやすいクロノグラフやカレンダーなどの機能を組み合わせた時計を生み出すことで高い名声を得てきました。またIWCは、チタンやセラミックなどの素材の先駆者であり、チタンアルミやセラタニウム® などの先進的な素材を用いたテクニカルウォッチケースの製造もおこなっています。華美な装飾よりも「形態は機能に従う」という原則を優先するスイス時計メーカーとして、時代を超越した製品への思いは、まさに人生を旅するオーナーたちの夢と志を体現しています。

IWCは、責任を持って素材を調達し、環境への影響を最小限に抑える措置を講じながら、何世代にもわたり受け継がれる持続可能な時計を生み出しています。また、すべての従業員に快適な職場環境を提供し、誇りをもって未来を担う時計職人とエンジニアたちへのトレーニングを実施しています。さらに、IWCは子供たちと青少年への支援に向けて世界的に活動している組織とも提携しています。